FC2ブログ

インターネット活用法

インターネットで使える情報などを紹介したいと思います。ブログ情報 ネットゲーム情報 

ホーム > アーカイブ - 2006年07月

オートリンク 自動で被リンクが増殖する

オートリンク


自動で被リンクが増殖する新しいリンクシステム。登録無料!アクセスアップ・SEO対策にご利用下さい。オートリンクネットとは、相互リンクではない被リンクが自動的に増えていく新しいアクセスアップ・SEO対策方法です。 SEO対策において被リンクの確保は非常に重要なテーマです。 その被リンクが、よりSEO上有利と考えられる相互リンクではない一方向からのリンクで、しかも自然に増えるとしたら有益だと思いませんか。 オートリンクネットは登録無料です。ぜひご参加下さい。


  

[ 2006/07/27 00:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ウェブリブログサービス一体化

BIGLOBEが提供するブログサービス「ウェブリブログ」は7月19日、サービス体系の見直しを図り、「ウェブリブログ」への一元化を行った。これまで提供していたBIGLOBEサービス会員向けの「スタンダード・ウェブリブログ」と、BIGLOBEカフェ会員向けの「カフェ・ウェブリブログ」を「ウェブリブログ」へ統一したもの。利用料金は無料。
[ 2006/07/24 21:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ブログパーツサービス ウェブリシール 新機能

BIGLOBEが、ブログパーツサービス「ウェブリシール」において、録音した自分の声と顔写真を使ってオリジナルのブログパーツが作れる「生声シール カスタムタイプ」の提供を開始したと発表しました。

[ 2006/07/16 15:12 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

SNS機能を強化したアメーバーブログ

サイバーエージェントは7月11日、運営するブログメディア「Amebaブログ(以下、アメブロ)」においてブログサービスを超えたコミュニケーションポータルサイト化を見据えたSNS機能強化を発表。大幅なリニューアルを行うと表明した。

 まずはその第一弾として、アメブロでメッセージの送受信が可能な「Amebaメッセージ」β版の提供を開始した。アメブロユーザーは無料で利用できる。

[ 2006/07/16 14:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ゲームをしてポイントを稼ぐ

ゲームをしてポイントを稼ぐ
懸賞サイトの中には、懸賞だけでなくゲームをすることでポイントを得られるさいともあります。
ゲームを楽しみながらポイントを稼ぐことができます
[ 2006/07/13 00:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

デコオンライン アップデート

GMO GamesはMMORPG「デコオンライン」において2006年7月12日(水)にアップデートを実装したと発表した。

 装備アイテム強化システム「サブ職業」のレベル上限が変更されLv4からLv6まで習得可能となり、「上位強化」ができるようになる。また、インスタンスダンジョンも追加される。

[ 2006/07/11 20:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

懸賞やアンケートサイトに応募する時は

懸賞やアンケートサイトでは応募の際、意見や感想を書く欄が設けられている場合があります
しかし、なかなかこういった意見や感想を書くのは面倒なものです しかしこのような入力欄がある場合無記入力のまま応募したり、単に文字を入力しただけの状態では、場合によって無効になる場合もあるようです 懸賞やアンケートは、意味もなく行っているのではなく企業のマーケティングの一貫として行われているものなので必要な事項は必ず書くようにしましょう。
[ 2006/07/10 13:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

エムゲームジャパンネットプロモーションを秋葉原からスタート

英雄オンライン」「鬼魂」「熱血江湖オンライン」と3タイトルのMMORPGを運営するエムゲームジャパンは、「日本横断!エムゲーム夏の陣」と題したネットカフェ巡業プロモーションを東京・秋葉原からスタートした。

[ 2006/07/09 14:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

電脳卸イメージマジックと提携

「電脳卸」を運営する株式会社ウェブシャークは7日、ドロップシッピングデザインストア「UPSOLD」を運営する株式会社イメージマジックと業務提携した。

今回の提携により、8月22日よりサービスの開始を予定している「電脳卸 drop shipping」とすでに3万点以上のドロップシッピングを利用したオリジナル商品の販売実績がある UPSOLD が連携することになる。

まずは UPSOLD で現在掲載されている商品群のうち、厳選された商品が電脳卸 drop shipping に提供されるという。最終的には UPSOLD の全商品が提供予定だ。

[ 2006/07/08 22:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ヤフーアフリエイトの支払いが現金で

ヤフーのジオシティーズ とヤフーブログ向けのアフリエイトポイントが今まではヤフーポイントのみでしたが8月より現金で受け取られるようになりました。


大好評のアフィリエイトプログラム。今まで、報酬の受け取り方法はYahoo!ポ
イントのみでしたが、この度、8月1日より現金でも受け取れるようになります。
2,000円以上から受け取り可能なので、とってもおトク。また、それに伴い、
アフィリエイト報酬の仮ポイント発行は、7月5日をもって廃止となりました。
[ 2006/07/07 13:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

インフォシークに検索履歴保存機能

楽天のポータルサイト「インフォシーク」は、検索サービス「Infoseekハイブリッド検索」に、検索履歴保存機能を追加した。

 検索キーワードと、検索結果から閲覧したサイトのURLを保存できる。楽天IDでログインしてから利用すればキーワード、URLとも1000件まで、ログインなしでもそれぞれ100件まで保存可能だ。

 URLごとに、過去に何回アクセスしたか表示する機能や、5段階でランク付けする機能を装備。特定のキーワードに関してのみ保存しないように設定しておくこともできる。

[ 2006/07/05 22:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ブログ登録者数868万人

ブログ(日記風サイト)の登録者数が今年3月末時点で868万人に上り、こうしたネット上の「口コミ」情報を通じて、消費者の意見が商品の販売に一段と影響力を高めていると分析した。企業側にとって、ブログでの消費者の意向が無視できなくなっている状況がうかがえる。
 白書では、消費者が積極的に情報発信できるブログや会員制のコミュニティーサービスのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)が台頭している点に注目。今年3月末時点のブログの登録者数は、前年同期の335万人から約2・6倍に増加した。SNSは今年3月末、前年同期に比べ約6・5倍の716万人に膨らんだ。
 また、白書は、商品を購入する手段としてインターネットを活用する消費者が26・1%と全体の4分の1を上回ったと指摘。商品購入に先立ってネットで情報を収集する人の割合は62・0%に上り、インターネットが消費行動に大きな影響を及ぼしていることが改めて浮き彫りになった。
[ 2006/07/04 21:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

デコオンライン 軽量版クライアントを配布

GMO GamesはMMORPG「デコオンライン」において、2006年7月5日(水)より「軽量版クライアント」を配布開始すると発表した。

 「軽量版クライアント」はノートPCや非力なPC向けのゲームプログラム。ゲーム内容は通常のクライアントと同様だが、グラフィックの画質を落とすことにより、通常版よりも軽快な動作を実現している。通常版クライアントの配布もこれまで通り続けられるので、環境に合わせて使い分けるといいだろう。特にノートPCユーザーには嬉しい新クライアントとなりそうだ。

[ 2006/07/04 21:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ブログとホームページどちらがアフリエイトに有利か

アフリエイトをする時にブログとホームページどちらが有利なのか初心者に人(自分の事ですが)
にはブログが有利だと思います。
ブログは一般のホームページに比べると更新作業が簡単です。
ホームページの場合少し手間がかかる。 それにホームページの場合ホームページを作る技術を身に付けるのに時間が必要、ホームページビルダーなんかを使えば簡単に作れますが、上手にホームページを作るにはある程度の時間が必要だと思います。
ブログに場合自分の好きなテンプレートを選んでどんどん投稿すればいいのだからとても簡単です。
またブログの場合 トラバック機能やping送信機能などがあり多くの人に見てもらえます。


ブログとホームページの違い
ブログの場合 編集ソフト必要なし 更新作業簡単  情報の広がり早い
ホームページの場合 編集ソフト必要なことが多い 更新作業パソコンで製作後アップロード

情報の広がりブログより遅い
 

ホームページよりブログのほう検索の上位に行きやすいようです。
[ 2006/07/04 15:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2006年度のインターネット利用動向

インタ-ネット利用動向
調査によると、月間サイト総利用時間シェアと月間総ページビュー(PV)シェアで、Yahoo! JAPAN、楽天市場についで mixi が3位になっていることがわかった。

5月の家庭からのインターネットのアクティブユーザー数は4,240万人、ひとりあたりの月間平均利用時間は約18時間2分に達している。これらを掛け合わせた約7.64億時間が、日本全体での月間オンライン総利用時間だ。

Web サイト別の総利用時間のシェアは Yahoo!JAPAN が16.3%で約1.25億時間。2位以下は、楽天市場が2.1%、mixi が1.9%、2ちゃんねるが1.2%となった。また、ひとり当たりの月間平均利用時間では、mixi が4時間28分と Yahoo! JAPAN より1時間以上も長い。
[ 2006/07/04 13:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ノースウエストワールドパークスダイナースクラブカード





ノースウエストワールドパークスダイナースクラブカードオンライン入会
キャンペーン 初年度入会金無料 入会ボーナスマイル5000マイル 
ファーストフライトで5000マイル
ご利用金額に一律の制限を設けていません 国内・海外50空港以上の空港ラウンジを無料でご利用
国内・海外旅行傷害保険最高1億円が自動付帯 *1 ショッピングリカバリーは年間最高500万円まで補償
トラベル・アシスタンスは世界37都市すべて日本語で 24時間・365日 日本語でトラブルサポート
*1 本カードで航空券等のお支払いがない場合は、傷害死亡・後遺障害最高5,000万円となります。
最短10分審査スピード発行。

[ 2006/07/03 19:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

アクセス解析を役立てる方法

最近よくアクセス解析という言葉を耳にする。しかし、本当にアクセス解析を使って儲かった人がいるのだろうか?アクセス解析をつかっって効果をあげている人がいるだろうか?』と思っている人も多いだろう。そこで、アクセス解析は役に立たないとあきらめる人もいる。たしかに、アクセス解析を有効に活かせていない人も多い。しかし、一部のホームページ運営者はアクセス解析を用い、少ない労力で「効果」を生み出していると聞いたら、それでもあなたはアクセス解析を軽んじられるだろうか。
アクセス解析を有効に生かすにはなにも他の運営者だってサイトを放っておいている訳でもない。忙しい中、熱心にチェックし、なんとか効果を出そうと取り組んでいる。なのに「効果」が出ない。データを見ている頻度は関係ない。毎日熱心に見ていても儲けられないホームページ運営者もいれば、週に1回しか見なくても、きちんと儲けている運営者もいるのも事実。

では、どうしたらアクセス解析がホームページ運営者にとって「効果」を生み出すツールになり得るのか。簡単にできる効果的な方法を2つ紹介しよう。
1つめはユーザーが自社のサイトに何を期待しているかを、定量的なデータで知り、サイトの改善に活かすことである。例えば、ユーザーがどういった検索ワードでサイトにやってきたのか知るだけでも、いろいろな改善ができる。

もう1つはサイトを効率よく改善するための手順をきちんと考えることである。アクセス解析から取得できるデータは多種多様で、導入したばかりのホームページ運営者にとって、どのデータを重視すればいいのか、何をすればいいのかわからないという悩みが多い。そこで、まずは簡単に問題点が分かる指標に絞ってチェックすることである。例えば、離脱率の高いページを確認し、そこを改善することから始めると効率的に改善できる場合が多い。ただし、離脱率が通常高いトップページについては、別途検討をしたほうがいいだろう。

具体的には、
(1)ユーザーが最初にアクセスしたサイトのページ(入口ページ)のアクセス数を見る。
(2)ユーザーが最後にアクセスしたサイトのページ(出口ページ)のアクセス数を見る。
(3)入口ページと出口ページのアクセス数を比べてみる。
中には、あまりユーザーが流入していなかったり、入口ページとして働いていないページにもかかわらず多くのユーザーを逃がしていたり、出口ページとして働いているページもあるだろう。もし、そのぺージが店主の日記など、売上に直結しないコンテンツなら削除も含めた見直しが必要だ。商品のページなど、売上に直結するコンテンツの場合は、そのページのユーザービリティを改善することをまず考えたい。例えば、文字の大きさは見づらくないか、ナビゲーションに問題がないか確認する。特に問題がなければ、その商品に関係する他の商品やコンテンツへの誘導を考え、プレゼントページや商品購入への誘導を強化して、離脱数を減らすよう努力すべきだろう。

このように問題となるページを改善することで、サイト全体のユーザーを保持する力をまず上げる。上記をおこなったあと、目的ページ(コンバージョンページ)への誘導方法などを考えると比較的スムーズに改善がおこなえる。

「アクセス解析」を使って効果を上げるにはどう有効に活用するべきかに関して、方法はたくさんある。今回は以下の3点を参考として挙げてみた。
・ユーザーが自社のサイトに何を期待しているか、定量的なデータで知ること。
・サイトを効率よく改善するための手順をきちんと考えること。
どの検索文字で自分のホームページにきているかという事を知ることで売上に直結しそうにない商品を削除したりしてホームペジの構成を変えていく。


アクセス解析は広告のように目に見える効果が出るまでに時間がかかる。しかし、このような改善を意識した分析を習慣として身につければ、効率的なサイトやプロモーションの改善が可能である。これからはアクセス解析に基づいたコンサルティングサービスが重要になっていくだろう。









[ 2006/07/02 20:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム